16タイプ パーソナル カラー診断 H様

16タイプ パーソナル カラー診断 H様

会社員として働く一方、2児の母でもあるH様(30代)。前回の診断では<Vivid-Spring>だったのですが、今回2回目の診断では<Bright-Spring>に変更になりました。変更の理由は、お肌にツヤがあり、透明感が増してきたことが挙げられます。そこで濃い色を合わせるよりも、明るい色を合わせてあげた方が、お肌の透明感をさらに際立たせることが出来ます。また、明るい色のメイクやお洋服を着ると、健康的で若々しい印象になることをご提案させて頂きました。

16タイプ カラー診断 H様

この様にパーソナルカラーは、目の色・髪の色・肌の色などで診断する為、年齢や生活環境によって変わる可能性もあります。以前は合っていた色が、似合わなくなってきたと感じる方は、1度再診断してみてはいかがでしょうか。

Yoko Ikegami

文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリスト松田綾子及び石田純子、両氏に師事。女優や女性モデルを中心に、スタイリングのアシスタントとして、3年間の下積み経験後、フリーランスとして独立。雑誌や広告、テレビなどでファッション スタイリストとして活動。2009年。第1子出産の為、育児に専念。2011年。第2子出産。2012年。スタイリングサービス「FINEST(ファイネスト)」を設立。カラー コンサルティング及びスタイル コーディネイトを軸にサービスを開始。ハンディ キャップを持つ方々を対象にした同サービスも積極的に展開。2019年。<結婚活動をされている方>を対象に、内面から魅せる装いを提言。第一印象からご成婚に至るまでの(婚活)ファッション コンサルティング サービスを開始。