ワードローブチェック S様

ワードローブチェック S様

定期スタイリングコースをお申込み頂いているS様(30代)。沢山のコートを持っている中で、自分に似合う物のみを残すことで「断捨離」をしたいとのご要望を頂きました。S様のパーソナルカラーは1番目に<Bright-Spring>2番目に<Bright-Summer>。以前カラー診断をお受け頂いたため、今回はお洋服を詰めたスーツケースで神楽坂のサロンまでお越し頂き、ワードローブチェックを行いました。

ファイネスト-ワードローブチェック

コートやジャケットの場合、購入金額が高いことや、思い入れがある物など、なかなかご自分では処分できないお気持ちがよく分かります。ただ限られたスペースの中、次の(素敵な)洋服を受け入れるためにも、思い切った判断が必要な場合もございます。その為、第3者の目から捉えたワードローブチェックをされますと、残すべきお洋服と次に必要なアイテムを簡単に判断することが可能となります。最後にS様とは、お洋服は焦らず吟味しながら探しましょうというお話をさせて頂きました。

ファイネストーワードローブチェック

Womens Finestでは、お客様がご希望するファッションのコーディネイトやお客様ご自身のワードローブに関するお悩み。またショップなどの情報について具体的なコンサルティングを行っております。是非お気軽にご相談ください。

Yoko Ikegami

文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリスト松田綾子及び石田純子、両氏に師事。女優や女性モデルを中心に、スタイリングのアシスタントとして、3年間の下積み経験後、フリーランスとして独立。雑誌や広告、TVなどでファッション スタイリストとして活動。2009年。第1子出産の為、育児に専念。2011年。第2子出産。2012年。スタイリングサービス「FINEST(ファイネスト)」を設立。カラー コンサルティング及びスタイル コーディネイトを軸にサービスを開始。ハンディ キャップを持つ方々を対象にした同サービスも積極的に展開。また2児の母親としても奮闘中。